高校生薄毛

MENU

高校生から薄毛になった時におすすめの育毛対策

 

koukouseiusuge 

 

いい年になってからの薄毛や抜け毛も辛いものですが、高校生など、思春期真っ只中の年齢で薄毛が発生してしまうと、友達にからかわれたりすることもあり、別の意味で30代40代の薄毛より辛いこともあるのではないでしょうか。

 

精神的にも大きなダメージを与えかねない高校生での薄毛、「どうにか治したい!」という方のために、おすすめの対策方法をご紹介したいと思います。

 

高校生で薄毛……考えられる原因は?こんな生活習慣は要注意!

 
よく寝られていない

 

中学生、高校生というと、体もぐんぐん成長していく頃ですよね。ですが、最近の中高生は塾に部活に習い事にととても忙しい子たちも少なくないようで、睡眠時間も十分に取れていないことも考えられます。体が寝ている間に成長するのと同じように、髪の毛も寝ている間に成長します。質の良い睡眠が取れなければ成長ホルモンの分泌も抑えられてしまい、髪の毛も成長できなくなってしまいます。

 

 

ワックスなどの整髪剤をよく使う

 

外見も気になり、ヘアワックスなどで毎日髪型をバッチリキメて学校へ行っている子もいるかと思います。おしゃれに敏感なのは良いですが、それによって頭皮や髪の毛に大きな負担をかけてしまっていることもあります。

 

 

栄養バランスが偏っていて、コンビニのパンやお菓子などをよく食べる

 

「よく眠れなくて朝寝坊して、時間がなくて朝食抜き」、「塾が始まる前にコンビニで何か買って腹ごしらえ」ということもよくあるかと思いますが、成長期の高校生にとって、特に食事は大切です!外で食べるものは、栄養が偏っていたり、脂質や添加物が多かったりと、体にはあまりよくありません。

 

 

洗髪が適当になってしまっている

 

大人でも、なかなか「自分は正しい方法で髪を洗えている!」と自信を持って言える方は少ないかと思いますが、高校生ぐらいの年齢ではなおさらです。整髪剤などをよく使うのであれば、よりしっかりと髪の毛を洗えるようにしたいものですが、適当に済ましてしまっている方も少なくないのではないでしょうか?

 

 

多くのストレスを抱えている

 

高校生とはいっても、受験へのプレッシャーや友達関係での悩みなど、いろいろと悩みは尽きないかと思います。うまくそのストレスを発散できればいいですが、ストレスを溜めてしまうと血行が悪化し、頭皮や髪の毛にまで栄養が届かなくなってしまいます。

 

どんな対策が必要?

 

高校生から薄毛になった時におすすめの育毛対策

 

よく寝る

 

「寝る子は育つ」、この言葉はウソではありません!夜中まで勉強したりするのはやめて、成長ホルモンが分泌される22時〜翌2時はしっかり睡眠を取るようにしましょう。日付が変わってから寝るのとその前に寝るのでは、寝起きのスッキリ感も違いますから、遅くとも0時前には寝るようにしたいものです。

 

 

整髪剤などの洗い残しがないように、正しいシャンプー方法をマスターする

 

シャンプーやコンディショナーなどの洗い残しも注意しなければなりませんが、それ以上に大事なのは、整髪剤が頭皮の毛穴を塞いでしまって、頭皮環境が悪化してしまわないように、整髪剤をしっかり落とすということです。シャンプー剤で洗い始める前に、しっかりお湯で予洗いすることを忘れずに!

 

 

栄養バランスの整った食事を摂る

 

まず、朝ごはんを抜いたりするのは避けて、お母さんが作ってくれる愛情たっぷりのごはんをきちんと食べるようにしましょう。特に男の子は食欲旺盛で、「お弁当や学食のごはんだけでは足りない、ということもあるかもしれませんが、カップラーメンやパン、お菓子などの買い食いは前述の理由であまりおすすめできません。できればお母さんにおにぎりなどを握ってもらえたら一番ですね!

 

 

育毛シャンプーや育毛剤を使う

 

まずは1〜3を試してみていただきたいのですが、それと並行して育毛シャンプーや育毛剤を使うと、更に早く薄毛や抜け毛が改善されます。大人向けの育毛剤だと強力な育毛成分が使われていることもありますので、未成年でも安心して使える、天然由来の成分を配合している、無添加の育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

こちらでは実際に複数のシャンプーを試して抜け毛予防におすすめのシャンプーを紹介してますので参考にしてみてください。

 

また育毛剤についても抜け毛が減ったおすすめの育毛剤がありますのでこちらでチェックしてみてください。

 

 

まとめ

 

高校生ぐらいの新陳代謝が活発な年代であれば、生活習慣を改善するだけでも薄毛や抜け毛が良くなることも十分にあります。まずは自分の生活習慣を見直すことから始めましょう。今始めなければ、後々後悔することになるかもわかりませんよ!